美容に大きくかかわる睡眠

美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう どれだけバランスの良い食事をしていても、生活リズムが不規則だと、美容にはよくありません。せっかくの栄養バランスを無駄にしています。規則正しい生活リズムとは、3食必ず食事を取り、朝食、昼食、夜食と一般時間に摂取し、夜10時には寝る、朝は6時過ぎには起床というリズムになりますが、仕事上難しい人も多いのが現状。それでも、休日くらいはリズムに合わせ、体内時計などの修正をおこなわないと、不規則な生活が当たり前と身体が記憶してしまいます。

よく寝るのは美容にとても良いですが、寝過ぎるのは逆効果。平均7時間か8時間の睡眠時間が取れると、身体や肌には良い状態と言えます。そして、寝る2時間前には食事は避ける事。2時間でも食べた物を消化するのにはギリギリのライン。消化しきれず眠りに入ると、身体に蓄積されて、寝ている間におこなわれる循環機能の活発な動きや血流にも支障がおきてきます。寝ている間におこなわれるこのサイクルが翌日の身体や肌の調子を整える大切なものなので、睡眠は美容にとってとても大切なものと言えます。睡眠不足で起こり得る症状としては、顔などのむくみ、肌荒れなど美容にはよくない事ばかり。脳もうまくまわりません。平均7時間を目安に睡眠時間を取れるようにしましょう。

Copyright (C)2019美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう.All rights reserved.