女性ホルモンの仕組みを知り、美容に役立てる

美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう 健康な肌をしているだけで、女性は美しく、魅力的に見えます。女性の体は、2種類の女性ホルモンによって様々な面がコントロールされています。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。この、女性ホルモンの働きが、肌、髪の美しさに関係してきます。二つが、バランス良く働く事で、ハリや艶がアップします。それぞれの働きを知っておくと、美容効果をあげ、魅力的になる事が出来ます。

女性の身体は、生理周期によってこの二つの女性ホルモンから様々な影響を受けます。まず、生理が始まった日から約2週間後まで、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多く子宮内膜が厚くなり、血流や栄養で豊富な状態になります。これにより、卵巣内の卵胞が成熟し、排卵と受精に備える事が出来ます。肌や髪の状態が良くなるのはこの時期です。それを過ぎると、排卵が起こり、エストロゲンは減少し、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加していきます。もし、妊娠していれば、プロゲステロンが増加したまま保たれ、妊娠していなければ、約2週間後にプロゲステロンは減少し、エストロゲンが再び増加します。

プロゲステロンは妊娠を持続させるために皮脂分泌を過剰にさせる場合があり、二キビ等、肌のトラブルを起こす原因になる事があります。また、水分を溜め込みやすくさせるため、妊娠中は身体や、特に足がむくみやすくなります。妊娠していなくても、プロゲステロンが多い状態だと、肌や髪の状態に影響を与える場合があるため、女性が美しさを保とうとする場合、ホルモンバランスの事も考慮して、肌や髪、体調へ効果的にアプローチし、美容効果を得る事が大切です。

関連記事・情報

Copyright (C)2019美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう.All rights reserved.