覚えておきたい洗顔美容

美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう 覚えておきたいのは洗顔美容法です。正しい洗顔の仕方を行うだけで、肌のコンディションが違ってきます。間違った洗顔の仕方は肌にダメージを与えて、乾燥肌や敏感肌、脂性肌やシミなど様々なトラブルの原因になります。まずは正しい洗顔の仕方を覚えましょう。

洗顔を始める前に、まず手を洗いましょう。手を洗うことで、洗顔用の泡がしっかりと泡立ちます。次にきめ細かい泡を作ります。利き手とは逆手で洗顔料を持ち、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。泡立てネットを使うと便利です。まずはTゾーンや顎などの皮脂が多い部分から洗います。指がお肌に触れないように優しくし洗いましょう。乾燥しがちな口元などの部分は、泡を乗せるだけで大丈夫です。すすぎは、ぬるま湯で最低20回以上行い、洗顔料が顔に残らないようにします。すすぎのやり方は、顔の中心から外側にぬるま湯をかけて行きます。顔の拭き方も注意しましょう。水分をタオルに吸収させるようにしましょう。くれぐれもゴシゴシ擦らないようにしてください。

洗顔後は化粧水などでしっかりと保湿を行いましょう。洗顔自体の時間は理想は1分以内です。長く時間をかけすぎると、肌に負担がかかってしまうので注意してください。

Copyright (C)2019美容のため、スキンケアにコットンを取り入れよう.All rights reserved.